« August 2011 | Main | October 2011 »

私の使命

思想地図βの冒頭に、東浩紀さんが「震災でぼくたちはばらばらになってしまった」という文章を書いている。私たちは、平等ではなく、同じ災害を前にしても、被害の深さと対応力は平等ではなく、その不平等を埋める力も政府にはない、とある。

私自身、これまで不平等を強く感じることは正直あまりなかった。もちろん、不平等だなと思う対応や扱い、局面を迎えることはあったけど、40歳のひとりの成人としての平均値をやや下回るくらいだと思う。

私には小さい子供がいる。

台本を書いたり、資料を読んだりするときに、小さい子供が同じ空間にいるというのは、なかなか大変である。どんなに言って聞かせても、足元に絡みついてくることがあるし、セリフが思いついたその瞬間に邪魔をされると、腹が立つ。

だけれど、そういった現状を「不平等だ」と思ったことはなかったし、それ以上、いやその何倍ものプラスの体験を、子供は親にもたらしてくれる。

しかし、東さんの文章を読んでからというものの「子供がいること」についての不平等さ、いやそうじゃないな。「子供がいないということ」の自由について考えてみたりするのは、それほど「悪いこと」ではないのだ、と思うようになった。

繰り返すが「子供がいることが嫌だ」と言っているわけではない。はっきりいって子供の存在は、私の精神的な柱になっている。しかし同時に「小さい子供を今のこの世で育てること」への不平等さも感じる。なぜ私が子育てをしていて、あなたはしていないんだという思いだ。

だから政府に「どうにかしてくれ」と要望を出したいわけでもない。同情を寄せてもらいたいわけでもない。まして、子供手当てや、保育所の問題を論議したいわけでもない。子供を切望しているのに、様々な理由で授からない方からしたら、何を言っているのだとお叱りを受けるかもしれないことも、承知している。

しかし私は、東さんのこの文章を読んで、震災後の私の中にあった、「なんとなくもやもやしていたもの」を言い当てられてしまった。

出生率はどうなるのだろうか。このまま高齢化が進んだら、医療はどうなるのだろう。少子化によって、経済は破綻するのだろうか。放射能はどうなるんだろう。それらに目をつぶることも一つの選択だ。「知らない、なるようになるさ」という態度は、だけど、あまりに無責任だ。

責任を果たさなくては。誰にだって、使命というやつがあるだろう。それはなんだろう?演劇の作品を作ることなのか?作品はつくるさ。だけど、それは責任か?使命か?と言われると、少し違う。

もちろん、子供を見つめ続けるというのが、親としての大きな使命の一つではあるのだけど。

| | Comments (99)

学校で学ぶこと

ご存知の方も多いと思いますが、私は演劇活動と平行して(というか、生業として)数学を高校生、もしくは中学生に教えています。今は、ふたつの学校と、ひとつの塾に関わらせてもらっています。

それぞれの教育方針に口を出すことってあまりないのですが、それでも「この考えは私と似ているなあ」とか、「これはダメだなあ」とか、心の中で思ったりします。

今、日本の18歳人口は減るばかりでして、教育産業は大変です。実際、生徒が集まらず、廃業に追い込まれる大学も増えてきました。どこも、生徒の確保は死活問題だと思います。

ここで学校の取る態度には2つある。

ひとつは、受験生のニーズに合わせて、学校が変わること。もうひとつは、今一度、建学の精神に立ち返ること、です。

大雑把な感じで申し訳ないんですが、やっぱり前者の対応を取る学校が多いような気がします。具体的な傾向としては、やたらに放課後に講習をしたがったり(授業時間の増加)、やたらに(進学コース、総合コース、特進学コースなどの)コースを細分化したりします。こういう改革(改悪)をする学校が多い。これまでたくさん見てきたし、現在進行形だったりします。

学校もビジネスだ、という意見があるのは知っています。

しかし原理原則の話が許されるなら、学校というのは、いろいろな人間がいるべき空間です。刺激を受け、影響を受ける場。それが役割、学校教育のミッションだと思うのです。しかしそれを忘れ、「進学率」をあげさえすればいいと、つい思ってしまう。でもね、保護者も「進学率が高い」から、その学校に行かせようなんて、いまどき思いますかねえ?

そもそも進学率を上げて、これからの日本はよくなるんでしょうか。誰もそういうことは考えない。教育者というのは、この国の未来を担う若者を育てる人のことではないでしょうか。

いや、山田くん、理想と現実は違うのだよと、声が聞こえてきました。ああ、そんなこともちろん知っていますよ。しかし、理想を持ち、それに向かって邁進することを教育者は率先してやらなくてはいけないんです。教育者の使命は、進学率をあげて、学校をつぶさないことじゃないんですよね。

誰もが理想を持っている。だけど、現実の前では、声にならない。

迷ったとき、自信がないときは、まずはなぜはじめたのか?そこに戻るしかないですよね。なぜ自分はこれを始めたのか、決意したのか。

| | Comments (69)

« August 2011 | Main | October 2011 »