« 稽古をしている | Main

表現することについて

白井聡さんの「永続敗戦論」

エピローグだけでも立ち読みするといいと思うけれど、
あとがきで引かれたガンジーの言葉が素晴らしいので、紹介したい。

(引用)

あなたがすることのほとんどは無意味であるが、
それでもしなくてはならない。
そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、
世界によって自分が変えられないようにするためである。(ガンジー)

宮崎駿さんもインタビューの中で、

世の中を変えようと思ってやらないといけない、変わりはしないけれど、

のようなことを仰っていた。

なぜ演劇をやるのか?

やらない人からすると、よくわからないことがたくさんあると思う。

金にならないから、所詮、趣味だろ?とさえ思われる。

ちがうんだ。
演劇は世界に変えられないための、抗いだ。

うん。なんだかしゃきんとする。説得力がある。

誰だって、そうだ。

放っておいたら、向こうから来た理不尽で暴力的な何かに、
自らの生活や価値を強引に変えられてしまいそうだ。

そのために考え、声を挙げ、作品をつくる。

私はそのために、芝居を作る。

金になるか、ならないかは、また別の話だ。

もしも、金になるか、ならないかが最も重要で、
声を挙げること(表現すること)がそのための手段だとしたら、
それは順番がやっぱり逆のような気がする。

|

« 稽古をしている | Main